我が家の子供部屋

我が家の子供部屋

我が家の子供は2人とも小学生ですが

我が家の子供は2人とも小学生ですが、我が家には子供部屋がまだありません。
子供の学習机はリビングに置いていて、子供たちはリビングの一角にある自分の机で勉強したり、絵を描いたり、本を読んだりしています。お友達の家に遊びに行くと、自分の部屋があるお友達もいるので、「私も自分の部屋がほしい」と言われたこともありますが、何日も続けて要望するようなことはないので、子供自身もまだそれ程、自分の部屋を必要としているわけでもなさそうです。

それよりも、学習机という、自分の居場所や自分のモノを片付けることができる場所があるということの方が、重要なようです。
我が家の子供たちは2人とも、自分の学習机に座っていることが大好きで、家にいる時の多くはそこにいます。子供部屋を小さいうちから与えるかどうかということについては賛否両論ありますが、少なくとも我が家では、子供が何をしているかが手に取るように分るリビングの一角を「子供部屋」にしている状態は悪くないと思っています。

我が家を購入した時には、子供部屋を二つ作るようにしました

我が家を購入した時には、子供部屋を二つ作るようにしました。
その理由としては、二人の子供がいたからです。

しかし、子供が幼稚園の頃には、子供部屋としては使わずに、普通の部屋として使用していたのです。
それというのも、二階に子供部屋を作りましたので、子供一人が使用するには、小学生からで十分と考えたからでした。

そして、子供が小学生になる時に、やっと子供部屋として子供に与えることにしたのです。
子供部屋のクローゼットに子供の衣服やおもちゃなどを全て入れるようにし、勉強机を置きました。
そうすることによって、立派に子供部屋に変身したのです。

しかし、せっかく子供部屋を用意したものの、子供は自分の部屋に寄り付きません。勉強をする時にはリビングで勉強をするようにして、おもちゃで遊ぶ時にもリビングで遊んでいるのです。
ですので、子供部屋はただの子どもの荷物置場となっています。
子供部屋というのは、子供が自分の部屋が欲しいというようになってから、用意してもいいものなのかもしれません。

注目のサイト・その他のおすすめをご紹介

Copyright (C)2014我が家の子供部屋.All rights reserved.